那覇で本当にオススメのパーソナルトレーニングジムを比較!

パーソナルトレーニングジムに通う時のコロナ対策

公開日:2020/10/15  最終更新日:2020/09/11
    

パーソナルトレーニングジムは身体を鍛えたいとき、ダイエットを成功させたいときに役立ちます。しかし新型コロナウイルスの流行により、ジムの利用が一時的に制限されるなどの対策が取られました。利用者側も感染症対策をしっかりと理解し、自衛しながら安全に運動を行うことが大切です。今回は、事務でのコロナ対策についてお話します。

ジム側も一生懸命対策をしている

パーソナルトレーニングのサービスを利用するには基本的に利用者がジムに行く必要がありますが、新型コロナウイルスの世界的な蔓延により日常生活にも変化が発生してしまいました。新型コロナウイルスは基本的に人から人に感染していく感染症なので、ジムを前のように利用していると感染者がたくさん発生してしまうリスクが高いです

。ただし、パーソナルトレーニングは通常のジムと異なり、多くの利用者がジムに用意されているトレーニングマシーンを好きなように使用するスタイルではありません。トレーナーが利用者をサポートしながら、少人数でトレーニングをしていくのが普通なので、通常のジムよりはリスクが小さい特徴があります。

しかし、トレーナーとは接近する必要があるので、感染症対策をしなければウイルスを蔓延させてしまう可能性が高いです。そのためパーソナルトレーニングジム自体でも感染症対策をしており、高熱やだるさを感じるスタッフを業務に就かせないなどの対策をしています。

また利用者が使用したトレーニングマシーンについても消毒剤を使用してウイルスを消毒するように心掛けていますし、ジムの中の空気を新鮮な状態にするために換気にも力を入れています。会話をするときに発生する唾液の飛沫を防ぐために、スタッフはマスクを常に着用しており、利用者にもマスクの着用をお願いするケースが多いです。ジム側はできる限りの対策をしているので、利用者は安心してサービスを利用できます。

利用者側が気をつけたいことは何か

ジム側がどんなに感染症対策をしていても、利用者のモラルが低いと感染症が蔓延してしまうリスクは消えません。新型コロナウイルスの特徴として無症状の感染者の存在があり、無症状の感染者でも他人にウイルスを感染させるリスクがあります。

またウイルスに感染していても軽症の場合もあるので、少し体調が優れなくても普通に行動できてしまうケースも存在します。そのため利用者自身がジムを利用するときにマスクを着用する必要がありますし、少しでも体調が優れない場合は利用を自粛するのが大切です。

パーソナルトレーニングは予約などをするケースが多いですから、ジム側と電話などで話し合いをしてどのように行動すればいいのかを聞くのが重要になります。利用者が少し意識するだけでも、感染者が発生するリスクは小さくなるので、ジム側と協力し合うのが大切です。

痩せる期間を意識しすぎないのが大切になる

パーソナルトレーニングのサービスを利用する醍醐味としては、決められた期間中に理想的な身体を手に入れる所にあります。しかし新型コロナウイルスの脅威がある以上は、無理して短期間で痩せるのは危険といえるでしょう。

パーソナルトレーニングは健康的に痩せることができますが、筋トレなどで多少の疲労が蓄積しますから、食事制限をしてしまうと免疫力が落ちてしまいます。そのため安全にジムを利用するためには短期間でのダイエットよりも、身体に負担が少ない状態で痩せられるコースを各自で選択するのが安全です。

 

新型コロナウイルスの影響はいろいろな分野に及んでいますが、パーソナルトレーニングにも大きな影響を与えています。人から人に感染していく感染症なので、ジムでもトレーナーと利用者の距離を確保する、マスクを着用するなどの対策をしています。

また、トレーニングマシーンの消毒やジム内の換気なども行っていますから、ジム側も利用者を守るために真剣です。そのため利用者側も感染症対策を意識する必要があり、マスクの着用や少しでも体調が優れない場合はジムの利用を避けるなどの配慮が必要になります。