那覇で本当にオススメのパーソナルトレーニングジムを比較!

パーソナルトレーニングで怪我をしてしまったら?保険はある?

公開日:2020/05/15  最終更新日:2020/04/27
    

パーソナルトレーニングは順調にトレーニングをしている人ばかりではなく、中にはトレーニング中に怪我をしてしまう人もいます。もしも捻挫や骨折をした場合はどうなるのか、ジムに保険が用意されているのかどうかは気になるところです。ここからは、もしもの場合はどのような対応がおこなわれるのかを調べていきます。

スポーツジム側に過失がある場合

パーソナルトレーニングをすれば、トレーニングに集中できますし、それぞれの希望にぴったりのメニューが提供されるので早期に結果を出すことが期待できます。そして短期間で体を作ることを目標としていますので、厳しいトレーニングになる場合もあります。

正しい方法で運動をすれば、体に大きな負担がかかることもなく、順調にトレーニングを進めていくこともできますが、ときにはトレーニング中に怪我をしてしまう人もいます。

スポーツジムでは、もしもに備えて保険に加入しておくことが一般的で、利用者が怪我をした場合も、ジム側に過失がある場合は治療費や通院にかかる交通費などを補償してくれます。ジム側の過失としては、バーベルやダンベルなどの道具を利用者の体に落としてしまう、無理な負荷がかかるトレーニングを提供した場合などがあげられます。

本人の過失で体を傷めた場合はどうなるのか

スポーツジム側の過失であれば、もしも骨折や捻挫があった場合も補償される可能性は高いといえますが、ときにはスポーツジム側に過失はなく本人の過失で怪我をしてしまうことも考えらえます。

そのような場合はスポーツジム側で補償されない場合もありますので、備えはしておきたいところです。体を傷めないよう、慎重に行動することも大事ですが、スポーツやトレーニングには怪我はつきものともいえます。

スポーツやトレーニング中に怪我をしてしまった場合も、怪我や日常の事故に対応している保険もありますので怪我が気になる人は加入を考えてみてはいかがでしょうか。こうした保険はスポーツ時だけではなく、自転車でのアクシデントなど幅広く対応しています。

体の状態によっては、長期にトレーニングを休まなくてはならないこともありますので、その期間中はどのような扱いになるのかも確認しておきましょう。

最近は返金保証を用意しているパーソナルトレーニングジムも増えていますが、継続が難しく途中退会する場合も対象となるのかは調べておきたいところです。

安全にトレーニングを進めていくためには

パーソナルトレーニングジムに入会すれば良い結果が出ることが期待できますが、体に負荷をかけることはリスクがあることも理解しておきましょう。そして、怪我を防ぐコツも知っておきたいところです。

まず、服装は動きやすいものを選ぶこと、足元が滑ることも転倒につながりますので、滑らないタイプの良質なトレーニングシューズを選んでおきたいところです。早く結果を出すには厳しいトレーニングが向いているイメージもありますが、体力に合わないトレーニングは体を傷めるもとになります。

それぞれの体調や体力に合わせた無理のないトレーニングを選びましょう。そして、体を傷めずに良い結果を出すためには、インストラクターの指導技術が優れているということも大事です。

 

パーソナルトレーニングでは、トレーニング中に捻挫などで体を傷めてしまう可能性もあります。ジム側に過失がある場合は、治療費や通院の交通費などが補償されることが一般的です。

本人に過失があった場合は適用されない可能性もありますので、スポーツに対応した保険に加入しておくとより安心です。休会する場合はどのような扱いになるのかも確認しておきましょう。負荷が強すぎるトレーニングはリスクを高めることにつながりますので、体力に合わせた無理のないトレーニングを選ぶようにしましょう。